信じられない

行方不明者を発見したワンコや、一人歩きをしている子供さんを保護したのは同じように子供だったとか、そういう表彰ものはいくつあってもいいと思います。
でも、銀行員はともかくとして、コンビニ店員さんの詐欺を防止したからという表彰は止めてた方が店員さんのためになると思いますよ。
男性客が「3000円分購入して番号を教えれば2億円がもうかるというメールが来た」と言っていて警察を呼んだ店員さん。
店員さんは素晴らしいですよ。
でも詐欺を未然に防ぐ事が当たり前になっていたら、店員さんの負担ですよ。
あと、2億とか現実味の無い金額に騙されるのが60代というのも驚きです。
認知症など病歴があるのであれば仕方がないのですが、そちらの方が信じられないですよ。

身内が裏切るパターン

某有名人の身内が裏切るパターン。
あまり好きではないと思っていた女性タレントさんが、以前かなり信用していたシッターさんに横領された事件もありましたね。
今回また、女性スタッフに盗まれたというニュース。
人を信用しやすいというのは利点でもありその逆もありますね。
あまり好きではないけど、この件では気の毒だと思います。
高額なものを持っている人はある程度気を付けないといけないんでしょうね。
あとはそんなつもりはなくても、見せびらかすという意味でSNSもあるからそこから狙われることもありますよ。
ある意味で自分のプロモーションなのかもしれないけど、それをよく思わない人もいるでしょう。
あれ。結局は被害者のことを責めるようなことになっちゃいますね。

東京パラリンピックの開幕

東京パラリンピックの開幕。
これだけのコロナ禍で中止という選択肢はなかったわけですね。
開会式をテレビで見ました。
オリンピックよりも良いとは思いましたがとくに感動もありません。
でも翌日にはパラリンピックの開会式は成功だったとか、感動的だったというニュースがありました。
私の親しい人もすごく褒めていたので、先に批判的なことを言わなくて良かったと思いました。
パラリンピックはパフォーマーの人に障がいを持つ人が何人かいました。
手や足の欠損は見てすぐわかりますね。
この人はどこに障がいがあるんだろうかって目で見ていることに気がついて、あまり良くないなと思いました。
開催については反対ですが、大会に関わるボランティアも含めて賞賛に値する人達ですね。

今月はもう何も買わない

今月はもう何も買わない。
そう思う時に限って、いっぱい買っちゃうのはなんでなんですかねぇ。
いっぱいと言っても通常の金額の半額の半額以下くらいの値段をフリマアプリで購入したということです。
私にとっては必要な投資だったんですよと偉そうに言いたくなります。
ただちょっと勢いをつけすぎちゃって、もう少し考えてから買えば良かったと後悔しているものもあります。
でもその逆で本当に良かったというのもあるので、やっぱり人生は幸も不幸も半々でできているわけですよ。
夏には必須アイテムになるものをたくさん購入したんだから、良しとしましょう。
ということで6月もあと10日を残して、自分が設定したカード減額を超えてしまいました。
どこから節約しようか考え中です。

今は収束第一

マスク拒否で電車が25分も停車したそうです。
駅員の指示に従えない場合は強制退去なんだから、電車をとめた人間には損害賠償をするべきですよ。
こんなバカなことをして賠償責任が発生しましたとニュースで大々的に流せば、迷惑な人種も減るでしょう。
ああ、でも減らないかもしれませんね。
減らないとしても、そういう世情にうとい人間にはお金を支払わせればいい。
ノーマスクでピニクックをしようとか、アホな人間をみると悲しくなります。
子供の為とかいいかげんな主張で、中止になったことに関しては被害者意識丸出しです。
個人の主張はあるでしょうけれど、それを社会全体にまき散らす権利はないです。
とにかく今は収束第一なんだから勝手な行動は慎んでほしいです。

心底不思議です。

アパートの9階ベランダから妻を突き落としたとして逮捕された夫。
妻には首をしめられたあとがあったそうです。
10代の頃からミステリー小説を読んでいたし、今は簡単に見られる刑事モノの連続ドラマもありますからこんな簡単な工作でバレないと思ったのか心底不思議です。
首なんて最も調べるようなところじゃないですか?
人の体には傷をつければ痕跡が残ります。
自殺にみせかけたなんて酷い話しです。
配偶者を殺すなんて恐ろしいですね。
私だったら衝動的に殺したとしても自首しちゃいますね。
だって亡くした悲しい演技とかしてお葬式をしないといけないじゃないですか。
いつ警察に逮捕されるかなんて心配しながら、これからの人生を生きていくことはできません。

理想と現実はかけはなれている

赤ちゃんなど小さい子をみたら話しかけるとか、笑顔で対応する人っていいですよね。
それが女性だったりすると男性としては、素敵な女性って思うのでしょう。
男性だったら異性の私から見て、とても心の優しい人なんだろうなと思って好感度があがります。
しかし!!!
私はしませんね。
しないというか、出来ません。
嫌いじゃないけどどんなリアクションをされるかわからないし、なんとなく人の目も気になる。
同じように犬とか猫もそうです。
人がしていたら微笑ましいシーンも私は出来ない。
こちらは動物の毛アレルギーだから。
触りたいけど、すぐに手も洗いたくなりますからね。
好意的な行動だと思うのだから自分もする人間になりたいのに理想と現実はかけはなれています。

インナークリップ

ピップエレキバンインナークリップという商品をネットでみかけたときに、いいなぁと思いました。
ただ、私は肩こりに悩んだことはありません。
揉んでもらえば気持ち良いようなそうでもないような?って感じですね。
いいなと思ったのは下着に取り付けるその形です。
肩の部分に付けるもので羽の形をしていました。
これがあれば下着の紐がずれることがない!というところにピンときたんです。
まあ、別に世紀の大開発ってわけではなくて、探せば似たようなのはあるんですよね。
ずれないような紐ってうっとうしいのではないかなと思います。
なんでも使ってみないとわかりませんけど、ちょっと考えてみようかなぁ。
人前で洋服に手を突っ込んで直すのも見苦しいですからね。

安くて良い品

部屋の中ではゆったりした洋服を着たいと思う派なのですが、それって誰もがそうなんじゃないですか?
外出時はとりあえず、スタイルが悪く見えないようにサイズには注意します。
でもそれは人に見せるようの見栄です。
誰かの視線を感じることがない自宅でリラックスした時にまでする努力ではない。
パジャマが欲しくて、普段は見ることのない衣料量販店に行ったんです。
残念ながら私が欲しいスウェットは足元がゴムだったり、思ったより高かったりしてみつかりませんでした。
しかし!自宅で履くジーンズを発見しましたよ。
シルエットは腰回りがかなりゆったりしていますが、なによりも裾を切らなくてもピッタリなうえにセール中で700円でした。
試着したら理想的な部屋着だったので購入。
安くて良い品を手に入れるのは最高に幸せを感じますね!

車同士の過失

車同士の過失は10対0になることはないそうです。
すれ違いざまにトラックに激突された人のご家族が憤っていました。
見通しが良くお互いの姿は見える道路。
良く通るところであり、ゆっくり進んでいた60代女性はぶつかる1秒前に急停止。
それでも9対1となったそうです。
専門家も女性が走っていたところは田んぼ側ギリギリである、押し戻されたので田んぼ側から離れたいただけだと証言。
道幅の狭い道路で発生した動いている車同士の事故では9:1はおかしくはないと言う弁護士さんもいるし、裁判で争えば勝てる、しかし最低でも20万以上かかってしまうと言う人もいる。
ドライブレコーダーが普及して証拠があるのだから、裁判以前にもっと救済するべきだと思います。