歯医者さんに期待

児童虐待はどうして起こるのか。
子供がいない私には一例をあげられても実感が出来ません。
身内に子供がいるので言うことを聞かなかったり、泣きやまない子供を相手にするのは大変なのは単純に分かります。
虐待をみつけるのも避けるのも簡単なことではありません。
他の人からの通報もなかなかうまくいかないです。
そこで子供の歯を診て虐待を発見しようとする取り組みをしているところがあります。
虫歯が多い子供をみつけるわけです。
親が子供にあまり関心がない場合に虫歯が多い。
歯医者さんには通報をして、何もなかった場合でも何の罪にもならないと通達しています。
それだけではなく学校の歯科検診にも取り入れるとのことです。
歯医者につれていかない親は必ずいます。
学校でなら強制的に受けることができますので、そちらで発見されることを願うばかりです。