給食の有難さ

海外の子供達は給食がなく、好きなものを食べているそうです。
国によっては学校が終わってすぐ、やお昼の時間にお菓子やアイスを売っていたりするんですね。
商売をしている人には子供がたくさんいる場所なんだから良いかもしれませんけど、子供の健康面からみたらどうえしょうかね。
今ほどではないにしても、昔から給食で食事のバランスを考えてもらっていて日本は幸せですね。
食事っておろそかにしてすまそうとすれば簡単にできます。
ただ食べたいものを食べて、お腹が満たされれば良いわけですから。
だから1人暮らしの食生活は偏るんでしょうね。
私も料理をつくる相手がいなければ、だいたい簡単に済ませてしまいます。
子供の給食は親にとっても子供にとっても大切なものですね。

広報エージェンシー経験者の募集

インハウスの広報募集の条件とは異なり、広報エージェンシーの経験者を条件として求人を出している企業があります。主に、広報エージェンシーや外資系の一部の企業、ベンチャー企業がこのような条件を求める場合があります。理由としては、それらの企業は育成する時間と余裕がなく即戦力として、広報を採用したいというのが本音です。特にエージェンシーの場合、即戦力を希望するのは、クライアント業務の拡大や、自社の持つメディアネットワークを超えた他業種のメディアや新しいクライアントの営業などの経験などが条件となる場合があります。また、外資系の企業の一部やベンチャーにおいても経験者を求めるのは、同様の理由と言えます。ヘルプデスクの採用とは大きく違いますね。

広報エージェンシーが求める採用条件と人物像

最近、広報エージェンシーの求人が市場に多く出ていますが、理由として挙げられるのは2つあります。第一に、宣伝や広告に対する効果測定を始め投資効率の問題が日本でも浸透し始め、広報への需要が高まっていること、もう一つが広報のプロフェッショナルの人材不足です。広報エージェンシーが求める人材の条件は、クライアントとうまく広報活動が行えるか、またクライアントとのコミュニケーションがとれ、アカウントの継続性と多岐多様にわたる広報業務へ対応できる人材を確保したいという課題があり、それに即した人材を採用条件として求めています。

メディアネットワークの拡大

広報エージェンシーの経験を条件としている企業で一番大きな理由はメディアネットワーク拡充による広報活動の充実とメディアカバレッジの拡大にあります。広報職は、だれにでも簡単にできるわけではなく高い知識とスキルが求められるので、広報エージェンシーとしては、経験を優遇します。

他業種の広報経験

企業の多角化やサービスの拡充に伴い、広報の配信すべき情報先は拡大していきます。そんな状況下にあって、企業としては一から新人を教育するより、広報や広報エージェンシーの経験を持っている方を採用し即戦力にした方が、人材開発に関わる費用を抑えるという別の目的にもなります。よって、経験者が優遇される傾向があります。また、違う業種の経験を持ったスタッフを広報エージェンシーが採用する理由は、新規クライアントの開拓やプレゼンなどへプラスに働くと判断されるためです。

広報エージェンシー経験者にとって気を付けたいポイント

広報の採用に条件を課している企業に応募するときに気を付けたいポイントがいくつかあります。一番大きいポイントは、メディアからの評判です。特に広報エージェンシーの世界は狭く、メディアの間でも酒の肴になるくらい情報が飛び交いますので、普段からのメディアに対するコミュニケーションや対応に心がける必要があります。また、これまでのクライアントや同業他社からの評判も気にしたいところです。広報エージェンシーの場合、様々なエージェンシー間で人の出入りだけではなく、クライアントもかぶる場合があるので、それぞれの広報エージェンシーでやめるときや、働いている時に悪い評判が立たないように日々の広報活動に注意することが大切です。