改革が出来るところがある

小泉新次郎氏の育休をとると発言していますが、そんなときに初入閣ってどんなタイミングなんですかね。
国会議員が育休をとっても給料は減らないそうです。
そこを減らすような仕組みをつくれば、国民も納得するし働き方改革にもつながりますよね。
女性は育休を取れるというか、むしろ女性しか取れない。
そんなのは間違っているし男性も取るべき。
そういう改革をしている政府が、男性議員に育休を取らせないとなるとおかしいですよね。
ただ国民の税金でってことがひっかかる人もいるのでしょう。
育休をとる国会議員がいないのだから決まりもない。
だからこそ減給にしてとる用にすればいい。
ここを改革していけば新次郎氏の道も開けるような気がします。

コメントは受け付けていません。